kotoba

お知らせ

 


最新号について

  • 特集

    ベートーヴェン 1770-2020

    ドイツの作曲家ベートーヴェンの音楽は、常に民衆と共にあった。
    困窮のなかでも倦むことなく音楽の腕を磨き、聴力を失いながらも作曲を続けた彼の生き様と音楽は、現在も我々に光を与えつづける。
    生誕から250年を経た今、比類なき「楽聖」の世界を、関連する文学、映画などから読み解き、その音楽の真髄に迫る。

    Ⅰ  ベートーヴェンを奏でる

    仲道郁代 ベートーヴェンの人間讃歌――生と死のはざまを越えて
    佐渡 裕 僕が「第九」を振る理由
    古澤 巖 だからベートーヴェンは難しい
    山下洋輔 ベートーヴェンとフリージャズ
    村治佳織 祈りの音楽家が後世に遺した想い
    宮本笑里 人間性を秘めた音楽が見せる風景
    ベートーヴェン年譜

    Ⅱ ベートーヴェンとその時代

    坂本龍一×小沼純一 
    音楽革命の正体をあばく――私的ベートーヴェン論

    平野 昭 楽聖の森を歩く
    池辺晋一郎 社会の流れと音楽――時代の中のベートーヴェン
    片山杜秀 ベートーヴェンの耳の革命
    島田雅彦 革命か反抗か――ナポレオンやヘーゲルと同時代を生きたベートーヴェン
    佐藤賢一 オペラ《フィデリオ》が映し出すヨーロッパとその時代
    藤田俊之 今に生きる偉大なる音楽家の世界精神

    Ⅲ  ベートーヴェンの新しい楽しみ方

    千住 明 寄り添う音楽の本質
    菊地成孔 映画の中のベートーヴェン
    かげはら史帆 いま、ベートーヴェンについて知るべき5つのこと
    新垣 隆 すべての人間に音楽の悦びをもたらした楽聖
    西原 稔 ベートーヴェンの学識
    伊熊よし子 スクリーンで描かれた楽聖
    横川 潤 「文豪」はベートーヴェンがお好き?――崇拝派から嫌悪派まで
    原 典子 ベートーヴェンがいる暮らし――テーマ別CD案内

  • 発表

    第18回 開高健ノンフィクション賞 受賞作発表
    『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』河野 啓

    スペシャル・インタビュー

    小松由佳――難民として生きるということ

    連載

    大岡 玲 写真を読む
    山下裕二 美を凝視する
    高島正憲 歴史にあらわれた数字
    高橋源一郎 失われたTOKIOを求めて
    中野香織 スポーツとファッション
    川内有緒 見えないアート案内
    中条省平 アルベール・カミュ――不条理に抗して生きるために――
    小島道裕 見て楽しむ中世の古文書
    柳橋 閑 水を運ぶ人~スタジオジブリ証言録~
    おほしんたろう おほことば


    kotobaの森

    著者インタビュー 清水潔『鉄路の果てに』
    仲俣暁生 21世紀に書かれた「百年の名著」を読む
    大村次郷 悠久のコトバ
    山口 進 人は何を食べてきたか
    町山智浩 映画の台詞